カテゴリー「バドミントン」の記事

2016/09/26

試合の観戦

自宅はケーブルテレビを使用しています。
最近新しいシステムを導入したので、バドミントンやテニスの試合を見ることができるようになりました。

先日の試合も見ました。
あの高松ペアの試合も見ました。オリンピックの再現でしたね。

やっぱり松友のプッシュ、サイド移動が速いですね。
読めるんだと思います。
私もそうですし。あんなにうまくはありませんが。

相手からすると、「なんでいるの?」っていう感じだと思います。

やはりいい試合を多く見るのは勉強になります。
YOUTUBEもありますし、ぜひ見ることをお勧めします。

2013/01/02

全日本バドミントン観戦

あけましておめでとうございます。

最近更新が滞っておりますが、今年もよろしくお願いいたします。

さて、先日全日本の試合を観戦してきました。
上級者の試合を観戦することは実に勉強になります。
もし機会があればぜひ観戦に行く事をおすすめします。

応援合戦もすごかった。
今はシンセサイザー(ドラム音)+アンプで点数が入ったときにバンバンやるんですね。
選手がサービスのタイミングを気にしているような・・・気のせいかな。
やりにくくないんですかね。


それはさておき、試合は2ダブルス、1シングルスです。
ダブルスの試合で、トップ・アンド・バックになってストレートにスマッシュを打っているのに前衛が全然取りに行かないペアがありました。どう見ても前衛たたけよ~という場面が多く、そのショットはセンター(二人の間)だろとか、結構突っ込みたくなってしまいました。案の定そのペアは負けてしまいました。

しかし、あるペアは読みもうまく、出足が早い。そこに打ったらここにしか来ないだろうというところに動くスピードがめちゃくちゃ早い。また上記のような場面でもきっちり処理していました。私が以前書いたようなことを確実に行なっており、圧勝でした。やっぱり思っていた(実践してきた)戦術は間違っていないなと感じた次第です。


ともあれ道具も技術も戦術も進歩します。古いことにとらわれず、常に新しい方法を取り入れ、勝利を掴みましょう。
私もできるだけ新しい、また実用的な方法を掲載したいと思っておりますので、今後もよろしくお願い致します。

2011/08/11

グリップ

昨日の練習で久しぶりにタオルグリップを使ってみました。

タオルグリップ

昔は滑らなくていいなと思っていましたが、なんだか昨日は結構滑りました。
タオルグリップは使い込んで「だま」になったほうが滑らないんですよね。でこぼこして^^;)


私はグリップはその時々で握り方を変えています。ネットの時やコースを変えるときには指先だけだったり、イースタンウェスタンはもちろん、サービスやドライブ、前衛のときは短く、スマッシュや届かない時には長く持つなど。

後一歩届かなさそうだった場合はグリップぎりぎりに持ちます。走っている間に調整します。

またスマッシュの調子が悪いときは短めに持ってスマッシュします。ほんとにシャフトの付け根の三角部分に指がかかるくらいに短く持ちます。


グリップの切り替えは練習しかないと思います。試合がなく休憩しているときはラケットを持ってグリップをくるくる回したり、長く、短く持ち替えたりと、無意識にできるように「遊び感覚で」動かします。

昔は暇さえあればテレビを見ながらでもラケットを握っていました。
どうせ手は空いてますからね。

そこまでとはいいませんが癖をつけることが大事だと思います。


まだまだ最高気温を更新しています。
暑さには十分注意して練習してください。
無理は禁物です。


---------------------------

シャフトがやわらかく、楽にクリアが飛ばせるラケット。頑張らないシリーズはそんなラケットが多くあります。


こちらはYONEXのフレームをやわらかくして飛びを実現
VOLTRIC60
NEW 送料無料、ガット無料(強チタン白)、ガット張り工賃無料アンダー・ラップ+グリップ・テ...

2011/06/26

フットワークはダンスだ!

震災の影響で、練習場所が少なくなっています。
なんとか出来る体育館も人数が増えてなかなか試合が回ってこなかったり。
でも少しでも練習ができることに感謝しなければいけませんね。

フットワークの話ですが、いろいろ見ているとリズム感のいい人ほどスムーズに足運びが出来ているように思えます。繰り返し同じ動作を練習するというのは、ダンスの練習に似ているし、昔はよく”3歩”とか言われて、”いち、に、さん” なんてリズミカルに言っていたものです。

いろんな体格の人がいるわけで、必ず3歩とは限らないんですけどね。
今ではタッピングとかもあったりスライドありで結局早く移動出来ればいいってことでしょうか。
このあたりも時代によって変わってきます。情報を入れることを怠らないことですね。

今ではネットがあるのですぐ調べられて便利です。

フットワークの練習で大切なのは、ただ動くのではなくしっかりイメージして動くことです。実際にシャトルが来たことを想像してやるといいと思います。
何でもそうですが、イメージするかしないかで上達の速度が違います。
短時間で上達するにはしっかりイメージすることが重要だと思います。

それでは楽しくバドミントン!

  

2010/12/06

タッピングと引き戻し

先日放送されたバドミントン教室。
ようやく見ることができました。

そのなかで、ポイントとなるのは、
タッピングと引き戻しでしょう。

タッピングはフットワークのひとつで、小さく飛び跳ねてタイミング、距離を調整する方法。
飛ぶと言っても蹴り出すといったほうがいいかもしれません。

もう一つは引き戻して打つドロップショット。
振り抜くのではなく、インパクト直後に手首を戻す感じ。

打楽器を打つときも同じ動作です。
ティンパニーとかスネアドラムなんかも叩くのではなく引いて音を出すといい音がします。
引く前の反動で打つという表現がいいかな。

これと同じ動作をします。
難しいですが
スピードのあるドロップが打てると思います。
ダブルスでは有効ですね。

今回のテレビスポーツ教室は役に立つと思います。
見てない方は、再放送をお待ちください。

2010/09/18

中高年のバドミントンを考える

若いときはジャンピングスマッシュを多用し、体力に任せ攻撃型で攻める。
よくあるパターンですね。
ジャンピングスマッシュ・・・・・あこがれました。
スマッシュは見た目もかっこいいですし、より早いスマッシュを打って決まったときの爽快感はまた格別です。

私はどちらかと言うと体力がない分、レシーブ派でした。
どんな早いスマッシュもレシーブする。
これもまた優越感がありました。


で、年をとると当然体力もなくなり、ジャンピングスマッシュなんてとんでもない(47才にして時々打ちますが^^)、ということになります。
当然攻め方も変わってきます。怪我の原因ですから。

そんな中高年の攻め方などについてこれから考えていきます。

(どんな方にも参考になるとは思います)


・ダブルスについてはこちら
ダブルスの戦法
ミックスダブルスの戦法

2010/04/21

田児に学ぶ(1)

先日、全英オープンで44年ぶりに準優勝した田児選手。
その概要が見られます。

ためになります。
まずはご覧ください。

バドミントンは確かにいやな事をする、いやなところに打つことが基本です。
性格が悪くなりますね(^^ゞ

でも基本は知っていたほうがいいと思います。そこから自分にあった方法にしていったほうがいいと思います。

詳しくはこの後に。


田児式スーパーバドミントン

2010/02/07

海外の選手はハイテンション?

毎日寒い日が続きます。今日は切れそうなガットを張りました。
最近肩の調子が悪く、とびがいまいちなので、細ゲージをローテンションの19ibsで張ってみました。

軽い試打ではハイテンションのような音がしていました。

海外のサイトを見てみると、テンションに関するアンケート結果が出ていました。

20lbs以上から40オーバーまでありいちばん多いのは25lbs。30オーバーなんてのも結構いたりします。
私のような20ibs以下はほとんどいません。やはりパワーの違いなんでしょうか。25以上なんてほとんど板じゃないでしょうか。

体に悪そうです。


【送料無料】 【楽天最安値】 【バドミントン】 【ラケット】【ラケットランキング】

2010/01/12

バドミントン オグッチ 引退

びっくりしました。
今日スポーツニュースを見ていたら、あのオグシオの小椋選手が引退会見をしていました。

怪我の治療をしているとは聞いていましたが、気力がなくなったようですね。
今後はサンヨーで社員として働くそうですが、これからは怪我の治療をしつつ、やめるのではなく楽しくバドミントンをしてほしいですね。

続けたいという小椋選手と、芸能界入りをうわさされていた潮田選手が逆転してしまいましたね。
なんといういたずらか・・・・

バドミントン 「オグシオ」小椋久美子選手が現役引退へ by Yahoo!


髪を下ろして、きれいでしたね。

今後の活躍を期待します。

2009/07/13

3年生引退

暑くなってきましたね。
学校では総体も終わりになり、3年生は引退で受験勉強に力を入れるようになりますね。

2年生は3年生にかわって部をまとめなければなりません。
これからは1,2年生でやっていくわけですが、1年生を育てるのと同時に2年生をさらに伸ばしていかなければいけませんね。
そこでもう一度基本を見直してはいかがでしょうか。

一度おぼえたからこそ癖がみえてきていると思います。また選手の特徴もわかってきたと思いますので、基本を見直しつつ特徴は伸ばすといったことでこの夏さらに成長させましょう。

3年生は部活での精神力、集中力、体調管理を受験勉強や本番に生かしてくださいね。

より以前の記事一覧

--

Add






  • にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ