« ミックスダブルス、女性はどうする? | トップページ | バックサイドからの返球 »

2015/01/28

グリップは大切です

テニスの全豪オープン。
残念ながら錦織選手は負けてしまいましたね。

しかし、成長著しいですね。

先日、テレビで昨年と違うところを解説していました。
今年はサービスエースが多くなりました。
課題だっただけにいい結果が現れています。

その理由が
(1)トスの位置
(2)グリップ

だそうです。

トスの位置はより前にして体重を乗せるようにした。
ただしネットにかかりやすくなるんですが、よく決まってました。

グリップは厚めにした  だったかな。
フォロースルーで面がより下を向くようになった、
より回内を利用しているともいえるのでしょうか。

薄く握ってスライス系、厚く握ってフラット系だったと思いますが、
バドミントンもグリップが重要というお話です。

ちょっと前置きが長くなりました。

バドミントンは通常イースタングリップで握ります。
しかし、バックはサムアップ(親指を立てる)したり、スマッシュをウェスタンで握って
錦織選手のようにスピードアップしたり、逆に薄く握ってリバースなど、多彩なショットが打てます。

このため、グリップはゆるく握っていつでも変えられるようにしておきます。
私も暇があればラケットを握って指でラケットをくるくる回していました。

グリップは最初が肝心ですからしっかりイースタンで握りましょう。
初心者はどうしてもウェスタンになってしまいがちです。


そういえば、錦織選手のスライスサーブは、超ワイドによく決まっていますし、
セカンドのキックサーブも体に向かっていく打ちにくいサーブでほんとにすごいですね。

次の大会は、ぜひ優勝してほしいですね。


がんばれ、錦織選手!!


« ミックスダブルス、女性はどうする? | トップページ | バックサイドからの返球 »

ショット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79869/61049893

この記事へのトラックバック一覧です: グリップは大切です:

« ミックスダブルス、女性はどうする? | トップページ | バックサイドからの返球 »

--

Add






  • にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ