« 再度ダブルスについて考えてみる | トップページ | スマッシュのコース »

2014/06/16

後衛はとにかく下へ打つべし

また暑くなってきましたね。
熱中症には十分注意しましょう。

さて、後衛ですが、試合を見ていると苦しくもないのに上げているケースがあります。
つまりクリアを打っているのです。

後衛ということは、トップアンドバックで攻める体制ということです。
相手は当然守りですから、サイドバイサイド。
クリアを上げてしまうと、攻守が逆転してしまいます。

せっかく攻めているのですから、下へ打つストロークを打ちましょう。
スマッシュ、ドロップです。
早くなくてもいいんです。でもコースは考えましょう。

スマッシュは高めや利き手側が効果あります。ドロップはゆるく、ネットぎりぎりを狙うより、サービスラインより少し前くらいに早く落ちるほうが効果的です。きっとあわてて短いのがあがってきます。
そしたら前衛がプッシュして決めます。
上級者はカット、リバースカットなどもあります。

何も自分で決める必要はありません。あげさせるように打てばいいわけです。決めるのは前衛に決めてもらいましょう。
たまには自分で決めてもいいですけどね。

ためしにやってみてください。
「トップアンドバックではけしてあげない」 です。

« 再度ダブルスについて考えてみる | トップページ | スマッシュのコース »

ダブルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79869/59827820

この記事へのトラックバック一覧です: 後衛はとにかく下へ打つべし:

« 再度ダブルスについて考えてみる | トップページ | スマッシュのコース »

--

Add






  • にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ