« オリンピック | トップページ | スプリットステップ »

2012/08/10

ダブルスのスマッシュ方法について

ご質問がありました。
ダブルスのスマッシュ方法に関してです。

遅くなりましたが、回答いたします。
スマッシュは、スピードが速いに越したことはないのですが、程ほどのスピードでも十分です。
スピードばかり気になりますが、力んでネットすることも多くなりますから以下のことを参考にしてみてください。

スマッシュは、足元を狙って打たれるものはスピードが早くても楽に返球することができます。
一般的なレシーブの体勢は足を開き、バックハンドのグリップで体の前にラケットを持ってきて構えます。
そうすると打ち下ろされたシャトルは体の前でバックハンドで打つことができ、一番打ちやすいコースになります。

ですので、力いっぱい打っても楽に返されてしまいます。

そこで狙うのが(1)胸元、(2)利き腕あたり、(3)利き腕の肩口、(4)顔くらいになります。
案外フォア側ってねらい目ですね。
気をつけることはただひとつ、バックアウトです。
スピード(ある程度は必要です)よりむしろコントロールです。

一発で決めるのではなく、2発目で決めます。上記のコースを狙うと、決まる場合もありますが、確実に甘い球が帰ってきます。このときばかりはネット際になることが多いので床にたたきつけるように打ってかまいません。できれば二人の間、センターとかがいいですね。足元に弱く打つとまた返されますので注意です。

大振りせずしっかり回内を使って打ちましょう。手首を使うとミスしやすくなります。あまり「ラッキー」とか「よっしゃ~」とか思わないことです。たいていネットしたり、アウトしたりします。


【参考】
下記動画を参考にしてみてください。
2012ロンドンオリンピックの決勝、藤井、垣岩ペアの動画です。スマッシュは上記説明のようなコースに打っていますし、動き(ローテーション)、オープンスペース狙いはうまいですよ。

では頑張ってください。

« オリンピック | トップページ | スプリットステップ »

戦術」カテゴリの記事

コメント

とても分かりやすかったです。

ご教授有難うございました。

参考にさせてもらい頑張っていきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79869/55392392

この記事へのトラックバック一覧です: ダブルスのスマッシュ方法について:

« オリンピック | トップページ | スプリットステップ »

--

Add






  • にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ