« 半面シングル | トップページ | 右足前か左足前か »

2012/06/27

ミスをさそって決める

ネットをはさんだスポーツは、たいていミスをするほうが負けます。
試合ではいかにミスをなくすかが課題になります。

バドミントンも同様で、とにかくミスをしないことです。

ただ、ミスをしないと注意していても、誘われてミスをしてしまいます。
このミスを誘うのが試合ですね。

いかにミスを誘って、甘い球をあげさせて決めるか。
一球で決めるのではなく崩して決める。
特にダブルスでは後衛が打って、あげさせて前衛が決めるのがセオリー。
まあ自分で崩して自分で決めるのもありですが。

これにはいろんな攻め方があります。
コースだったり、ボディの位置だったり。

試合を見るときも決まった球より、ひとつ前の球、コースを注意してみるとどんな攻め方がいいかわかります。
この辺を注意してほかの人が試合をやっているときなど、あそこはここを狙ったほうがいいな、などと考える習慣をつけましょう。


« 半面シングル | トップページ | 右足前か左足前か »

戦術」カテゴリの記事

コメント

aiueoさん、本文の方へ記載しましたので参考にしてください。

度々すみません。質問させてください。上級者のフットワークを見ていると、シングルスのラリーの時、右足を前に出して構えたり、左足を前に出して構えたりしますが、使い分けについて教えてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79869/55066566

この記事へのトラックバック一覧です: ミスをさそって決める:

« 半面シングル | トップページ | 右足前か左足前か »

--

Add






  • にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ