« ミスをさそって決める | トップページ | いかにしてトップアンドバックに持ち込むか »

2012/06/30

右足前か左足前か

「シングルスのラリー中、右足を前にして構えたり左足を前にして構えたりするのはなぜか」
という質問がありましたが、こちらで回答いたします。


相手の状況によっていろいろあります。
基本は利き腕の足を若干前にして構えると思います。
レシーブも攻撃もより前で積極的にすることができます。


(1)相手の位置によってきめる場合
自分のコートから見て右コートにいる場合は左足前、左側にいる場合は右足前になります。
コートの対角線で区切って片側(半分)を守るのでこうなります。というか相手の方向を向くので自然にこうなります。

(2)予測してかまえる場合
利き足(一般に利き腕側)が右足の場合で説明します。
前に落とされると考える場合は左足前。右足でけって前に出やすくなります。
また後ろに上げられると考える場合は右足前。右足でけってその反動で後ろに下がります。

また、攻撃的にレシーブする場合は左足前でラケットを上げて上から下へ攻めます。
逆に守備的にレシーブする場合は右足前でラケットは正面気味に構えて(バックハンドのグリップで構える事が多い)ドライブかあげて攻めます。


上記はあくまで私の考えと実際私がやっていることです。ほかにもあるかも知れません。
これが正解ということではありません。
自分が一番動きやすい方法が一番です。


フットワークはあまり考えすぎると動けなくなるので考えすぎは禁物です。


そうそう、ダブルスでも同じ考えで構えますよ。

« ミスをさそって決める | トップページ | いかにしてトップアンドバックに持ち込むか »

戦術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79869/55088287

この記事へのトラックバック一覧です: 右足前か左足前か:

« ミスをさそって決める | トップページ | いかにしてトップアンドバックに持ち込むか »

--

Add






  • にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ