« フットワークはダンスだ! | トップページ | グリップ »

2011/07/07

スマッシュは高めに打つ

スマッシュは高めに打つ。
これは私は何度も繰り返し言っていることです。

いくら早いスマッシュでも、腰より低い位置では簡単に返すことができます。
床に突き刺さるようなスマッシュは別として。(まあ、これも慣れると取れたりするんですが)

私のクラブではスマッシュの早い選手ほど低い傾向にあります。
多分スピードに自信があるのでしょう。
少しうまい選手には通用しません。楽に返されてしまいます。
バックハンドで構えたレシーバーには一番とりやすいのです。

狙うのは利き腕の肩を中心としたゾーンです。
胸元や顔、体から少し離れた位置でもOK。
体が起き上がってしまい返球が甘くなりやすい。またバックハンドのグリップでは返しずらい位置です。
このゾーンだとスピードはほどほどでも効果がありますし、スピードがあればそれはそれで結構です。
注意点はバックアウトしない程度に、です。
相手があまり下がっている場合は少しスピードを抑えるとか、1、2球腰より下に打ってその後に高めに打つ。
など工夫しましょう。

このスマッシュは一発で決めるわけではなく、リターンを甘くして「前衛がたたいて決める」ためです。
ですから、前衛は前でスマッシュやプッシュの体制で待ちましょう。

« フットワークはダンスだ! | トップページ | グリップ »

ショット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79869/52142273

この記事へのトラックバック一覧です: スマッシュは高めに打つ:

« フットワークはダンスだ! | トップページ | グリップ »

--

Add






  • にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ