« 読みを最大限に活用する | トップページ | 歳をとると最小限の動きに »

2011/01/30

わざとオープンスペースを作る

ちょっと高度な作戦ですが、わざとオープンスペースを作ってそこへ打たせると言う手もあります。
要するに”誘う”わけです。

誘うところは自分が得意としているポジションが基本です。

シングルスでは結構あるかと思います。
バックが苦手なら(フットワークです)バックよりに立つ。
何もホームポジションは中央ばかりとは限りません。

ダブルスもそうです。二人の得て不得手があるわけですから、そこをうまくカバーするのが大事です。
これが打つところがないと感じる理由ですね。

オープンスペースをわざと作ると、オープンだからと狙うわけですが、そこは得意コースなわけで、いっきに攻めにいけます。
スピード、ショットともに。

« 読みを最大限に活用する | トップページ | 歳をとると最小限の動きに »

戦術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79869/50727875

この記事へのトラックバック一覧です: わざとオープンスペースを作る:

« 読みを最大限に活用する | トップページ | 歳をとると最小限の動きに »

--

Add






  • にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ