« 海外の選手はハイテンション? | トップページ | ヘアピンはネットに近づきすぎない »

2010/03/09

大事なのは攻めること

ゲームでは、どんなときにも攻めるし、その気持ちを持つことが勝ちにつながります。

初級者に多く見られるのですが、無意味にクリアを上げる。相手のいるところにあげることが多いです。
基本はいないところに落とすか崩して決めるです。

とにかく下に下に打つことを心がけましょう。
そして相手に上げさせて、決める。

あげさせるにはスマッシュはもちろん、ドロップ、ヘアピンもあります。
ドライブだってボディなどを狙っていけばあげさせることができます。

上級者を見るとショートサービスのリターンはほとんどがネット(ヘアピン)ですね。
ダブルスでのドロップはセンター狙いかあいたコーナー。

指導の時はあがったら打て!というのですが、それでも打ちません。
もったいない。
決まらなくてもあげさせて前衛が決めればいいので、とにかく打つことが大切です。

とにかく攻めましょうね。


【送料無料】 【楽天最安値】 【バドミントン】 【ラケット】【ラケットランキング】

« 海外の選手はハイテンション? | トップページ | ヘアピンはネットに近づきすぎない »

戦術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79869/47769345

この記事へのトラックバック一覧です: 大事なのは攻めること:

« 海外の選手はハイテンション? | トップページ | ヘアピンはネットに近づきすぎない »

--

Add






  • にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ