« 大事なのは攻めること | トップページ | 田児に学ぶ(1) »

2010/03/22

ヘアピンはネットに近づきすぎない

ヘアピンが苦手、浮いてしまう、ネットミスが多いなどミスの原因は、たいていシャトルやネットに近づきすぎることが原因であることが多いですね。

腕を伸ばした情態でシャトルを捕らえるくらいがちょうどいい。
腕が縮んでいるとコントロールしにくくなります。

打てないと悩んでいる人は、一度シャトルとの距離を見直してはいかがでしょうか。
クロスネットなんかは特に近づくとミスしやすいです。

« 大事なのは攻めること | トップページ | 田児に学ぶ(1) »

ショット」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
Badminton Lemonclub管理人のkyororin55と申します。どうぞよろしく。
今まで気が付かずにおりました。じっくりと読みたくなる内容です。これからもちょくちょくお邪魔させてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79869/47882022

この記事へのトラックバック一覧です: ヘアピンはネットに近づきすぎない:

« 大事なのは攻めること | トップページ | 田児に学ぶ(1) »

--

Add






  • にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ