« バドミントン オグッチ 引退 | トップページ | 海外の選手はハイテンション? »

2010/01/18

スコア分析よりも実際に見てその場で指導する

最近は子供のテニスを見に行くことが多くなっていますが、一時試合分析用のスコアシートを作成しました。
そして試合のたびに記入していましたが、試合をよく観察できなくなります。

スコアシートをつけるので精一杯になってしまっていました。
そしてスコアシートだけでは、その前のショットや状況がすべて網羅できるわけではないので、十分な分析ができません。
確かにサービスやミスの確率などははっきりします。

しかし、戦術から考えると、一つ前、あるいは2打前のショットがなんだったか、相手がどう動いてオープンスペースはどこなのか、相手の選手の体重はどちらの足か、などいろんなことがあります。
これを考えると、ビデオがいちばんですね。
解説しながら録画するといちばんわかりやすいです。

このため最近は、スコアは取らず試合をしっかり見ることにしています。

ほんとはいけないのですが、試合のエンドチェンジ、水分補給のときにぼそぼそと独り言を言います。聞こえるように。トスが低い、ストレートをうまく使えとか。
監督以外の指示はいけないのであくまで「独り言」(^_^;)

バドミントンの時もそうですが練習試合の時は試合のつど教えます。
本番や対外試合の時はそうは行きませんけどね。

そうでないと忘れてしまいます。監督も選手も。
そのほうがわかりやすいですし。

【送料無料】 【楽天最安値】 【バドミントン】 【ラケット】【ラケットランキング】


にほんブログ村
人気ブログランキングへ
BlogPeople「スポーツ・車・アウトドア」ブログランキング


« バドミントン オグッチ 引退 | トップページ | 海外の選手はハイテンション? »

戦術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79869/47330968

この記事へのトラックバック一覧です: スコア分析よりも実際に見てその場で指導する:

« バドミントン オグッチ 引退 | トップページ | 海外の選手はハイテンション? »

--

Add






  • にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ