« あとはダブルスと同じ攻め方で | トップページ | 回内、回外を覚える »

2009/03/09

シャトルを目で追わない

サイド・バイ・サイドでパートナーにシャトルが上がったとき、横にいるあなたはそのシャトルを目で追っていませんか?

そして打つくらいのタイミングで移動しようとしていませんか?

これはいけません。
シャトルがあがった時点で自分に来ないわけですから、「ちゃんと打つんだろうな」なんてじっくりシャトルを見ている必要はありません。

すぐ前で、ラケットを上げて構え、シャトルが上がった側へよって構えます。
そしてプッシュの体勢をとります。

そして次にあがってくるシャトルを決めに行きます。


もっといけないのは、移動もせずその場にいること。

初心者に多いのですが、シャトルを打たなくてもきちんと動いて相手にプレッシャーをかけること、次のシャトルが来る位置を想像して、準備をしましょう。

きっと楽に次のシャトルに対応でき、ミスが減ることに気づくと思いますよ。


【送料無料】 【楽天最安値】 【バドミントン】 【ラケット】【ラケットランキング】

« あとはダブルスと同じ攻め方で | トップページ | 回内、回外を覚える »

ダブルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79869/44296067

この記事へのトラックバック一覧です: シャトルを目で追わない:

« あとはダブルスと同じ攻め方で | トップページ | 回内、回外を覚える »

--

Add






  • にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ