« オグシオ銅メダル-世界選手権 | トップページ | オグシオに学ぶ(3)~タイミングを取る »

2007/08/23

オグシオから学ぶ(2)~レシーブの位置

第二回目はレシーブです。
前回ステップと書きましたが、先にレシーブについてをお送りします。


レシーブで良く言われるのは二等辺三角形ですね。打つ相手に対してレシーバーが同じ距離になるように構えます。簡単に言いますと、打つ相手が右にいれば右により、左にいれば左へより、真中にいれば真中という具合です。
寄るといっても前回みたいに半面ではなく、サービス位置、センター付近ぐらいです。

では実際にどうか、前回の動画で確認しましょう。
カウンタの3:12あたりからがわかりやすいと思います。

打つ相手が右から左に移動するのにあわせてオグシオの二人が右からセンターに徐々に移動していきます。
(打つほうが画面に出てきますのでわかると思います)

動画はこちら
見終わったら戻るボタンで戻ってくださいね。

他にもこういう場面が多数ありますから探してみてください。

では実際にあなたも挑戦してみましょう。

これはとっても参考になる書籍です。中上級者にもおすすめです。
バドミントン強化書B

« オグシオ銅メダル-世界選手権 | トップページ | オグシオに学ぶ(3)~タイミングを取る »

戦術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79869/16216441

この記事へのトラックバック一覧です: オグシオから学ぶ(2)~レシーブの位置:

« オグシオ銅メダル-世界選手権 | トップページ | オグシオに学ぶ(3)~タイミングを取る »

--

Add






  • にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ