« 困ったときのセンター狙い | トップページ | 戦術、セオリーの重要性 »

2007/05/08

練習試合の考え方

毎日の練習では始めに基礎打ちをやった後、試合をやるところがほとんどではないでしょうか。
本来なら、ノックとかパターン練習、フットワークなど基本練習がいいのですが、一般のクラブではなかなかできないのが現状です。(いまさらという声が多いし、こればっかりだと人がいなくなってしまう。上達には必要なんですけどね。楽なほう、楽しいほうに行ってしまいます。ん~困ったものです。)

そこで日ごろの練習試合では勝つことを目標にするのではなく、パートナーとのコンビネーション、癖の理解、自分のパターンの練習、コースの打ち分け、狙ったところに確実に打てる練習、どんな状況、体勢でも狙ったところに打つ、バックハンドの強化、フットワークなど、いろいろ練習できます。

とにかく問題意識をもってやることです。
意識するだけでも違いますよ。
毎試合で自分にひとつ課題を課してやるのもいいですね。

明日からの練習で取り入れてみてはいかがでしょうか。

縁起ダルマに乗った目玉おやじ群馬限定ゲゲゲの鬼太郎目玉おやじ風水根付赤
バトミントン シューズ新モデル!ヨネックス パワークッション 99 MID メタリックレッド
YONEX(ヨネックス) :頻繁に張り替える消耗品。プレーにあったガットを選びましょう!【バド...
ヨネックスバドミントンラケットナノスピード7700 

« 困ったときのセンター狙い | トップページ | 戦術、セオリーの重要性 »

戦術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79869/14995044

この記事へのトラックバック一覧です: 練習試合の考え方:

» バドミントンラケットの情報がよくわかるサイトです。少しでも役に立てたらいいと思います。 [バドミントンラケット情報辞典]
バドミントンラケットについての情報がよくわかるサイトです。少しでも役に立てたらいいと思います。 [続きを読む]

« 困ったときのセンター狙い | トップページ | 戦術、セオリーの重要性 »

--

Add






  • にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ