« ラケットの進化によるプレースタイルの変化 | トップページ | バドミントンのグリップ »

2006/10/24

バドミントンのレシーブ時の気持ち

バドミントンのダブルスでスマッシュなどレシーブするときに、あなたはどんな気持ちでいますか。

「無心」ですか。「来るかな、どうかな」なんて気持ちではないでしょうか。

パートナーがスマッシュで狙われているとき、あなたはどんな気持ちですか。
ただ漠然と見ていませんか。

こんなときって、急に自分の所へシャトルが来て、ミスすることが多いです。


私の場合は「打ってこーい。こっちへ打ってこーい!」って言う気持ちで待ってます。
そうするとたいてい対応できます。
レシーブ時も攻撃的にリターンできます。

気持ちの持ちようですね。
これ大切ですよ。φ(..)メモメモ

ラリーポイントで1点差なんて時にも重要ですね。

「ミスしてくれ~」ではなく「決めてやるぞ」がいいです。
プラス思考で考えましょう。

ちょっと違った試合運びができますよ。
試してみてください。



« ラケットの進化によるプレースタイルの変化 | トップページ | バドミントンのグリップ »

ダブルス」カテゴリの記事

バドミントン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79869/12416127

この記事へのトラックバック一覧です: バドミントンのレシーブ時の気持ち:

« ラケットの進化によるプレースタイルの変化 | トップページ | バドミントンのグリップ »

--

Add






  • にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ