« 作戦その1-二人を一人にする | トップページ | バドミントン、あなたは攻撃型?それとも守備型? »

2006/09/09

作戦その2-無駄でもラケットを振る

-バドミントンで”勝つ”ための戦術-

ショートサービスをした後あなたはどうしていますか?

そのままボーっとしてはいませんよね(^-^;
ラケットを上げてネットを警戒するのは基本です。

問題はその次です。
ただじっとしているだけではなく、シャトルがかえったらとにかくラケットを振ってみましょう。
甘い球をたたくかのように。

あたればもうけもの。カウンターで決めることができます。(こういう人いますよね)
目的はそうではなく、あくまでプレッシャーをかけることです。

「甘いのがきたら打つぞ~」と無言のプレッシャーです。

相手の心理としては、「打たれるかもしれないから高く返しておこう」とか、「甘いのは返せないな」とか思って、妙に力が入ったりします。そしてネットやバックアウトなどをします。
そうでなくともクリアなので後ろの人がスマッシュして攻められますね。

一般の市民大会などではこういう作戦も大事(あり)ですよ。でもあまりやりすぎると審判に注意されることがあるかもしれませんからほどほどにね。(相手が審判に抗議した場合だと思いますが)

注意点は、けしてネットにラケットをぶつけないことです。


« 作戦その1-二人を一人にする | トップページ | バドミントン、あなたは攻撃型?それとも守備型? »

バドミントン」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79869/11823934

この記事へのトラックバック一覧です: 作戦その2-無駄でもラケットを振る:

« 作戦その1-二人を一人にする | トップページ | バドミントン、あなたは攻撃型?それとも守備型? »

--

Add






  • にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ