« サービスエリア(SA)のガソリンスタンドに長蛇の列 | トップページ | 作戦その2-無駄でもラケットを振る »

2006/08/20

作戦その1-二人を一人にする

-バドミントンで”勝つ”ための戦術-

バドミントンでは「二人を一人にする」ことはとても重要なことです。
どういうことかというと、二人を縦や横、あるいは団子状態に重なる、二人が同一方向にシャトルを追うことを言います。

[PR]どんなところ...魔界への誘い

こうすることによって、オープンスペースが作られ、さらにはラケットのぶつかりなどを引き起こし、判断ミスやミスショットを誘います。

横になったときには真中ネット際へ、縦になったときはサイドへ打ちます。

どのようにすればこういう状況を作れるかは、それまでのいろんな状況がありますので自分なりに考えてみてくださいね。

オシム流考える、頭を使う試合運びです。

この作戦は、バドミントンだけでなく、ダブルスのある種目すべてに共通するものです。硬式テニス、軟式テニス、卓球の方も試してくださいね。

« サービスエリア(SA)のガソリンスタンドに長蛇の列 | トップページ | 作戦その2-無駄でもラケットを振る »

ダブルス」カテゴリの記事

バドミントン」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79869/11527266

この記事へのトラックバック一覧です: 作戦その1-二人を一人にする:

« サービスエリア(SA)のガソリンスタンドに長蛇の列 | トップページ | 作戦その2-無駄でもラケットを振る »

--

Add






  • にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ