« それってホントにすごいの? | トップページ | サービスエリア(SA)のガソリンスタンドに長蛇の列 »

2006/08/04

スピードあるシャトルを楽に返球する

昨日練習に行ってきました。暑いですね。でも以前よりべたべたしなくなったような気がします。でも汗は半端じゃないですね。
着替えを沢山用意してこまめに取り替えたいです。水分、塩分は忘れずに取りましょう。熱中症予防のためにも。
汗といっしょに奪われる塩分は必要ですね。頭痛解消にも。

さて今日は「こすり上げるレシーブ」です。
スマッシュレシーブは往々にしてそのスピードに合わせて振り抜いて、ドライブで返すか、クリアしてしまいます。ドライブなら、ネットしやすいですね。
力任せに振りぬいている人をよく見かけます。

スピードが速いと、無意識に自分の振りも速くなってしまいます。
これをこらえてストップする技術が必要です。

kosuri
そこで、スマッシュなどの早い球のレシーブに有効で、楽に返球できるのが「こすりあげるレシーブ」です。

特にシングルスで有効なんですが、ダブルスでも有効なショットです。

面を少し傾斜させ、下からラケット面をリストスタンドして(手首をくっと上に上げます)持ち上げます。
あるいは、横断歩道の旗を揚げるように斜め上にもしあげるようにしてもOKです。

するとゆるやかにネットぎわに落ちます。
すれすれに落ちやすく、効果的です。
力もいりませんね。シャトルのスピードにあわせて早く振っても、上に振るのでシャトルスピードは速くはなりにくいですね。


左右ぎりぎりで追いついたときにも、こすりあげることでネットに落とすことができます。
力が要らないので、とっさの時にも有効です。

昨日の練習でも打ちましたが、ネットぎりぎりで、結構決まりました。フォアサイドはとびついて打ちましたが、これもうまく返球できました。

チャレンジしてみてはいかがですか。

ヨネックス NANO SPEED6000(ナノスピード6000)

夏バテ防止に!運動後に!


« それってホントにすごいの? | トップページ | サービスエリア(SA)のガソリンスタンドに長蛇の列 »

バドミントン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79869/11265656

この記事へのトラックバック一覧です: スピードあるシャトルを楽に返球する:

« それってホントにすごいの? | トップページ | サービスエリア(SA)のガソリンスタンドに長蛇の列 »

--

Add






  • にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ