« グリップの握り方 | トップページ | スピードあるシャトルを楽に返球する »

2006/07/26

それってホントにすごいの?

相手が私のバックにクロスのスマッシュを打ってきた。かなり速い。
それをクロスのドロップでネット前へ返した。
相手パートナーは私がいつも打つストレートを予想し、ストレートのサイドへ動いた。
このためクロスはオープンスペースとなった。

「おーすごい!」
「あそこには打てないよなー」

という声がみなからあがった。
よくあるパターンかもしれないが、私はただそこにしか返せなかっただけである。

クロスでバックにきた場合、面を作ってあてるとクロスになる。
そこにしか返せないのである。
これをスマッシュする人が知っていれば、パートナーが知っていれば別にすごいショットでもなく、逆に決められてしまいます。

打つコースを考えれば返球も読めるということである。
常にこういうことを考えて2~3打で決めることをしましょう。

バドミントンもそうですが、テニスもだいたいこんな感じで読めるのではないでしょうか。
テニスをやっている息子にもこんな法則を教えています。感心してるようです。
親父の権威保ってます_(^^;)ツ アハハ

夏休みに行きたい!遊べるスポット特集
これから夏本番!おすすめビーチ情報

« グリップの握り方 | トップページ | スピードあるシャトルを楽に返球する »

バドミントン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79869/11109953

この記事へのトラックバック一覧です: それってホントにすごいの?:

« グリップの握り方 | トップページ | スピードあるシャトルを楽に返球する »

--

Add






  • にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ