« シャトルを打つタイミングをはずす | トップページ | ダブルスのねらいは二人の間 »

2006/05/29

バドミントン選手ってがに股が多い?

今日はちょっと変わったお話を。

以前クラブで話題になったのですが、バドミントン選手ってがに股が多いらしい。
というか、周りにいた選手たちはみんな がに股・・・
フットワークをするとき、がに股になるから、普段歩くときもそうなるという。
ホントかなー。


確かに自分も歩いているのを見ると・・・
右足が特に外側に向いて歩いている。(^^;;

し、し、仕方ないじゃん!!


おまけに左足の親指も外反母趾みたいに曲がっている。左足だけ。
おそらくスマッシュなどのあとにダッシュするとき親指に力がかかっているのだと思います。
正しく足の入れ替えができている証拠?かな。

« シャトルを打つタイミングをはずす | トップページ | ダブルスのねらいは二人の間 »

バドミントン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79869/10299490

この記事へのトラックバック一覧です: バドミントン選手ってがに股が多い?:

« シャトルを打つタイミングをはずす | トップページ | ダブルスのねらいは二人の間 »

--

Add






  • にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ