三D


バドミントン書籍(PR)

ブログ村


  • にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

PR


« スマッシュのちょっとスピードアップ計画 | トップページ | シャトルを打つタイミングをはずす »

2006/05/18

新しいラケット購入FLEET FIRE MELT 8000

とうとう新しいラケットを購入しました。
いろいろ悩んだ末、楽天で調べていたらFLEETというラケットが見つかりました。
なになに・・・台湾製、「新竹」という技術の町にある14年の歴史を誇るメーカーのようです。

それにFLEETラケット、すべてが今話題のナノテクノロジー採用、さらに1万円を切る9,800円とくればちょっといいかも・・・。
というわけで注文しました。
ショップはJ-BAGというところ。
FLEETラケットに関してはナノテクノロジーということぐらいしか情報がなかったため、私の聞きたかったシャフトのやわらかさをショップの方に確認しました。
シャフトのやわらかいほうから
FIRE MELT 8000, NANO PRO 3000, NANO PRO 5000, NANO PRO 1000, FIRE MELT 7000
だそうです。
やわらかいシャフトを探していた私は、当然8000を購入しました。
たいてい数字の大きいやつが一番いいんですよね。ただしFIRE MELT7000はシャフトがすごく硬いいようですのでご注意ください。パワーのある人向けです。
グリップはG2ですが細めということでした。1種類しかないようです。サイズは他メーカーとは違うので比較にならないようです。
重さはすべてのラケットが役90g。最近のラケットとしては一般的なところでしょうか。
そして届きました。注文して2日くらいで届きました。すばやい対応に感謝です。
そしてこれがそのラケットです。
FLEET8000
ガットは張り上げてあり24ポンドです。このFIRE MELT 8000は推奨テンションが22-26ポンドですのでかなり固めのフレームなのでしょう。ハイテンションを好む人にはうれしいラケットです。
グリップはかなり細め(YONEXのG5クラスかな)のような気がします。でも細い分にはグリップテープで調整できますからOKですね。指が細い私にはぴったりのサイズです。
そしてグリップテープも、ハードケースも付属で¥9,800ですから安いですよね。もうびっくりです。
シャフト、フレームにはナノのシンボル、フラーレン構造のマークが記されています。
そしてなんとカバーにはかわいい中国のチャイナドレスをかたどった水色のストラップまでついていました。
何から何まで付属する・・・ん~ 太っ腹の店長ですね。
こんなストラップです。
FLEETSTLAP
そして肝心の感触ですが、今日練習で使用してみました。
なんともいえない抜けの良い当たりで、スマッシュが早い!
打った反動が少なく軽く打てて早い。そしてシャフトがやわらかいせいかよく飛びます。
衝撃も少ないですね。切り返しも楽ですごく打ちやすく、癖のないラケットだと思います。
スマッシュの抜けがいいのには感心しました。おかげで今日はほとんどの試合が大差で勝利。
やはりナノテクの賜物なのでしょうか。
このラケット、値段だけでなく、機能的にもお勧めです。
まあこれはあくまで私の感触でしかないですけど。ほかの人がどうかはわかりませんのであしからず。


FLEET ラケット
バドミントンラケットFLEET FIRE MELT 8000 (NANO TECHNOLOGY)
バドミントンラケットFLEET NANO PRO 3000 (NANO TECHNOLOGY)
バドミントンラケットFLEET NANO PRO 5000 (NANO TECHNOLOGY)
バドミントンラケットFLEET NANO PRO 1000 (NANO TECHNOLOGY)
バドミントンラケットFLEET FIRE MELT 7000 (NANO TECHNOLOGY)
すべて¥9,800!!

音楽とステキな生活/なんたってバドミントン/音楽フラッシュ

« スマッシュのちょっとスピードアップ計画 | トップページ | シャトルを打つタイミングをはずす »

バドミントン」カテゴリの記事

コメント

これはとても重要な選択になると思われますその後も、更なる高い実用性を目指して改良が重ねられ、1960年代前半にはスタイルを確立します。
成立しなくても一括査定は無料です! マスター クロノメーターの称号を得るには、COSCの認証を獲得したムーブメントを搭載した完成品の時計が、METASの認定するテストに合格する必要があります。
機械式以外にもX33といったデジアナ表示を搭載したタイプも存在します。
スピードマスターは、シーマスターにクロノグラフを搭載したモデルとして登場しました。
経年により裏蓋パッキンやバネ棒2本、動力源であるゼンマイの劣化がみられるのでオーバーホールのタイミングで交換致しました。
オメガスピードマスターは、1957年にシーマスター300をベースとした、3レジスタークロノグラフ、タキメーターを備える新世代の「リスト・コンピューター」として登場しました。
スピードマスターの中でも、特にNASAと深いかかわりがあるのが「スヌーピーエディション」呼ばれる人気キャラクター"スヌーピー"とのコラボレーションモデルです。
じわりと値を上げているモデルも多い中、特にスピードマスターの一部のモデルでの査定価格の高騰が見られました。
NASAの担当は宇宙空間で耐えられるクロノグラフを選定するため、オメガを含めた3社がテストを受けたそうです。
当時、1961年にケネディー大統領がアメリカの宇宙計画を発表し、マキュリー計画やジェミニ計画、アポロ計画など宇宙でのミッションがあげられ、宇宙でも耐えられる腕時計が必要でした。
そのことから「宇宙時計」や「ムーンウォッチ」と呼ばれる事もあります。
このモデルは人類史上初めて月に行った時計として有名になりました。
また止まり安くなっていた原因は、自動巻き部分の主要歯車であるリバーシングが摩耗し巻上不良の状態のためです。
手巻きをしていると、プチンという感覚がして動かなくなった。
結果、オメガが過酷な条件をクリアし正式に宇宙時計として任務を受けるようになったとされています。
マーキュリー計画以降のジェミニ計画、アポロ計画で、さらにスピードマスターと宇宙の関係は密接になっていきます。
このエピソードは、たびたび書籍や映画でも取り上げられています。
実際の買取金額は、時期や買取店、個体の状態によって大きく変わる場合があります。
これはアポロ13号の生還時、シャトルの時計が故障した際に、正確な秒数を計測したことで その正確さと功績を称え、 アポロ13号の活動時間である、142時間54分41秒にちなんで世界で限定5441本発売されました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しいラケット購入FLEET FIRE MELT 8000:

» 卓球ラケット ラバー ボール [卓球ラケット ラバー ボール]
卓球ラケット、軟式テニスラケット、硬式、ラケットの専門店http://cashing-card.net/raba/ [続きを読む]

» 軟式テニスラケット ラバー ボール [軟式テニスラケット 卓球ラケット ラバー ボール]
卓球ラケット、軟式テニスラケット、硬式、ラケットの専門店http://cashing-card.net/tennis/ [続きを読む]

« スマッシュのちょっとスピードアップ計画 | トップページ | シャトルを打つタイミングをはずす »

--

Add




最近のトラックバック

無料ブログはココログ