« 潮田玲子、小椋久美子ポスター付カレンダー | トップページ | 初打ち »

2006/01/12

足を鍛えましょう

「足がつってしまって練習にならない。頑張りたいのだけれどどうしたらいいのですか」というコメントをいただきました。
私の考えでは、やはり基礎体力をつけるしかないと思います。

41歳ということですが、今まで運動をやっていたのかわかりませんが、どちらにせよ体力が落ちてきます。
でもやる気があればぜんぜん平気ですよ。私も42歳ですけど少し運動しないと練習で足がつってしまいますから。

基礎体力といっても簡単です。
手始めに一番いいのがウォーキングだと思います。
とにかく毎日歩くといいと思います。無理せず、毎日続けることです。軽い負荷で毎日続けることです。
たまには買い物に歩いていってみてはいかがでしょう。腕も鍛えられますよ。
強い負荷で、はぁはぁ言いながらなんてもうムリですから。楽しくバドミントンができるぐらいで十分だと思います。
だから軽い負荷で毎日続けることです。
もともとバドミントンに必要な筋肉は、ムキムキではなく柔らかな筋肉ですから、筋トレといっても軽負荷で回数をこなすやり方なんです。

主婦であれば、家事をすると思いますので、そのときに「かかとの上げ下げ」を行うといいと思います。
10回3セットとかを毎日やればかなりふくらはぎなどが鍛えられ、ふくらはぎのつりがやっていくうちに解消されると思います。
それから爪先立ちもいいと思います。疲れたなと思ったときには休んでまた始める。張ってきたなと思ったらやめてください。
日常のちょっとした動作を工夫するだけでできると思いますのでチャレンジしてみてください。

私もアキレス腱を切ったときにかかと上げ下げ10回を数セット毎日やりました。とにかく毎日。
そんなに負荷が大きいわけではないですが続けることで徐々に回数が増えてきました。何せ1年ぐらい運動していなかったんですから。そのわりに、かかと上げ下げのおかげで、復帰第一戦は足のつりもなく優勝してしまいました。とにかく継続することが身にしみてわかりました。

いくつになってもバドミントンはできますよ、やりたい気持ちがあれば。
私もまだまだ頑張るつもりです。
無理せず頑張ってください。


《MYブログ》
音楽雑記帖♪ / なんたってバドミントン 三D / 音楽フラッシュ♪
参加してます!人気blogランキング





« 潮田玲子、小椋久美子ポスター付カレンダー | トップページ | 初打ち »

バドミントン」カテゴリの記事

コメント

はい、どうも有難う御座いました!

そうですね。冬は外を歩くのは止めたほうがいいと思います。
家の中で出来ることをまずやったらいいんじゃないでしょうか。
今までやっていなかった人は大変かもしれません。ホントにゆっくり、少しずつやってはどうでしょうか。

有難うございます。

学生の頃は部活入ってなかったんですよ。
汗かくのってカッコ悪いとか思ってて・・。
歳とって思うんですけど学生の頃部活してた人には
かなわないですよね。
同じ41歳でも全然違うんですよ。
身体が丈夫だと心も丈夫ですよね。

ウォーキングは主人にも言われていたんですけど、
かかとの上げ下げ、爪先立ちなど具体的なことを
聞いてなるほど!と、思いました。
負荷はあまりかけないんですね。
足が弱いと思い筋トレするんですけど
すごく頑張ってパンパンになって何日かすると
足が疲労みたいになったり・・
腕とかもそうでした・・。
負荷はかけずに毎日なんですね。

あと、もう一つ聞きたいんですけど・・
北海道なので外すんごく寒いんですよ・・
〝しばれる〟って分かります?
若い頃は顔だけが凍りそうで口があんまり
動かなくなったりって感じだったんですけど、
近頃では歳のせいか足全体の血液が
凍りはじめてるんでは・・?ぐらいに
足が冷えるんですけど・・
そんな時、足おかしくなりそうなんですけど、
やっぱり、身体とか足でも冷やすと良くない
ですよね?
そんな時は歩いても駄目ですよね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79869/8132298

この記事へのトラックバック一覧です: 足を鍛えましょう:

« 潮田玲子、小椋久美子ポスター付カレンダー | トップページ | 初打ち »

--

Add






  • にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ