« ガットの選び方 | トップページ | バドミントンのノック »

2005/11/02

中途半端なストローク

今日は久しぶりに水曜の練習に行ってきました。

最近ドロップがネットに引っかかるようになりました。
すごく調子がいいときはネットに吸い込まれるように落ちるのですが、いつもぎりぎりを狙うのでちょっとでも調子が悪いと「浮く」よりネットする確立が高くなります。
ましてや後ろに追い込まれたときなどは、必ずネットです。

シャトル1個分。

同じ位置。

そんなときってだいたい肘が曲がっていたりちょっと下めの打点だったりします。
中途半端なんですね。
ドロップに限らず、タッチが早めのときや頭から少し上ぐらいの高さのシャトルは強打してバックアウトや、ネットに引っ掛けたりします。
これをきれいにドライブで両サイドに返球できるといいんですが、早いシャトルには早いスイングで合わせてしまうためにネットしやすくなります。
スマッシュもそうですね。早いと思いっきり振ってしまいます。当てて手首を返せばいいんですけどね。
でもこれができたらもっと上位に行ってますけど^_^;。

まあ一般人の試合で負けるのは自分のミスが大半ですから、できるだけミスはしないようにしたいものです。


よろしければおねがいします→人気blogランキング


《MYブログ》
作曲、楽器、音楽なら→音楽雑記帖by楽天広場
バドミントンのことなら→なんたってバドミントンbyココログ

« ガットの選び方 | トップページ | バドミントンのノック »

バドミントン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79869/6864694

この記事へのトラックバック一覧です: 中途半端なストローク:

« ガットの選び方 | トップページ | バドミントンのノック »

--

Add






  • にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ