« サーブを打つ位置 -ショートサーブ | トップページ | 腱の強化に「コラーゲン」 »

2005/06/15

サービスの立ち位置

バドミントン -ダブルスの戦法-

●サービスの立ち位置

サービスをする場合、センターラインよりでサービスラインぎりぎりに立つのが普通です。
しかし、普段は大丈夫でも、シャトルの状態、体調や精神状態(緊張など)でシャトルが浮きやすくなったり、バックラインをオーバーしたりする場合もあります。

こんなときは打つ強度などを変えるより、一歩後ろへ下がった位置から打ちましょう。
浮かずに入りやすくなったり、アウトが減ります。どうもたたかれるな、ちょっとアウトだなと思ったときは試してみてください。

« サーブを打つ位置 -ショートサーブ | トップページ | 腱の強化に「コラーゲン」 »

バドミントン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79869/4561671

この記事へのトラックバック一覧です: サービスの立ち位置:

« サーブを打つ位置 -ショートサーブ | トップページ | 腱の強化に「コラーゲン」 »

--

Add






  • にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ