« 潮田、小椋選手がTV出演 | トップページ | バドミントンの左手 »

2005/04/15

YONEXジャパンオープン2005

5/4放送のジャパンオープン2005男子ダブルス決勝見ました。すごかったですね。トップ選手の試合を見ると次の練習でやってみようって気持ちになりますね。
私が感じたことは、

・レシーブなどの構えは、大きく足を開いて沈み込んで構える
・スマッシュは二人の間へ打つ
・軽く手首だけで打っているように見えるがバックラインまできちんと返る
・左右の動きが速い
・打った後、次のショットに対するリカバリー(動き)が速い
・クロスの早いドライブショットが多い

インドネシアの選手はグリップテープをシャフトの上のほうまで巻いていました。
サービス、ドライブなどは短く持って、スマッシュのときは長く持つためらしいが持ち帰る時間があるんでしょうか。私も極端ではないですがスマッシュのときはグリップエンドぎりぎりまで持ちます。でもデンマークの選手はそうでもなかったですね。デンマークの選手はIBFランキング1位。結局はやりやすいほうなんでしょう。^_^;

それから優勝インタビューで「同じところに2度打たない」「コートを広く使う」といっていました。基本ですけど改めて大事だと認識しました。

動きが速いからビデオにとってスロー再生するとわかりやすいですよ。

また明日から頑張ろう。

« 潮田、小椋選手がTV出演 | トップページ | バドミントンの左手 »

バドミントン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79869/3716758

この記事へのトラックバック一覧です: YONEXジャパンオープン2005:

« 潮田、小椋選手がTV出演 | トップページ | バドミントンの左手 »

--

Add






  • にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ