« バドミントンでのサーブ時のパートナーの位置 | トップページ | バドミントンのレシーブ位置 »

2005/04/30

バドミントンのフットワーク

フットワークは、ダブルスではあまり気にしないかもしれないが、スタートやストップ時は同じ動作なので、やはり練習は必須です。
バックに下がるフットワーク(クリア、スマッシュ、ドロップ)では通常右利きの場合、右足でジャンプして空中で足を入れ替えて(スプリット)着地時に左足でけって前にダッシュし、次の体制をとる。しかし最近では両足で着地するのが主流になりつつあるらしい。
瞬発力が増すのか、安全性が増すのかわからないが、いいかも。左足のみだとかなり負担が大きく、怪我の原因である。
私も左足のアキレス腱を試合中に断裂してしまった。現在は完全復帰したが。

怪我には十分注意しましょう。ストレッチは重要です。
切るときはきりますけど ^^;

« バドミントンでのサーブ時のパートナーの位置 | トップページ | バドミントンのレシーブ位置 »

バドミントン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79869/3925530

この記事へのトラックバック一覧です: バドミントンのフットワーク:

« バドミントンでのサーブ時のパートナーの位置 | トップページ | バドミントンのレシーブ位置 »

--

Add






  • にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ