三D


バドミントン書籍(PR)

ブログ村


  • にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

PR


2019/11/08

シングルスに重要なクリア

先日、久しぶりにシングルスをしました。

近く大会へ参加する方のお相手です。

シングルスは昔から苦手でした。

長距離ランニングが嫌いなので。持久戦は苦手。

 

でも、最近は桃田選手を見習って、サイドジャンプ、読みを駆使して何とかついていけます。

でも、クリアがなかなか飛ばない。

態勢を整えるにもクリアが飛ばないと苦しい。

打ち方もあるとは思うのですが、年をとると道具も大事かな。

 

飛ぶラケットはやはりシャフトのしなりがあるもの。

また、フレームも飛ぶように改善されたもの。

さらには、ガットは緩め。

こんなところでしょうか。

ガットは最近20ポンドにしていますので、17ポンドくらいに下げてみようかなんて考えています。

 

シングルスの守備位置、攻め方も自分のスタイル、長所・短所に合わせて変えましょう。

この辺りは次回にでも。

 

追伸:

最近五十肩で苦しんでます。

左肩なのですが、クリアを打つときに左腕を上げられず、飛びがいまいちです。

いまさらながら左手の重要性を痛感しています。

 

2019/10/12

台風が心配。開催はどうなる?

台風ですね。
まだ風も雨もそうではないですが、今後が心配です。

月曜日に有明テニスの森にユニクロの開催のテニスの
フェデラー、国枝さんのテニスエキシビジョンを見に行く予定だったのですが、
はたしてどうなることやら。
もともと錦織とフェデラーの試合だったのですが、錦織の怪我で欠場となってしまいました。
残念!

台風は去ってしまいそうですが、その後の被害の影響が心配です。

皆さんも台風には十分な備えで気を付けてください。


2019/08/25

日本勢勢ぞろいー世界バドミントン2019決勝

世界バドミントンが開催されています。

日本勢強いですね。

女子ダブルスでアクシデントがありました。

早い回復を願うばかりです。

 

さて、中でも我々一般プレーヤーの参考にしたいのが福広ペアです。

スマッシュは決して早くはないのですが、緩急、クリアとドロップでせめて、相手を崩して得点するタイプ。

ラリーは長くなりますが、戦法は学ぶべき点が多いです。

 

上がったら下へ打って攻めるというセオリーをずっと考えていましたが、これに反しクリアを多用しています。

レシーブに自信がないとできないことですが、コース、スピードをコントロールしています。

クリアもきちんとバック奥に返し、まっすぐ落下するようにしています。

見習うべき点、多いです。

 

桃田選手もがんばれ!

 

2019/01/03

フットワークを再考する

あけましておめでとうございます。

寒い日が続きますね。
練習がおっくうになりますね。
十分にアップして練習始めましょう。
怪我の無いように。

昨年夏ごろから、バドミントンを再開しております。
運動後頭痛も少なくなって、何とかできるようになりました。

そこで思ったのは、やはり動きが鈍いこと。
ダブルスのフォーメーションができていないことです。

昨年末ごろには大分感が戻ってきましたがまだまだです。

そして、ふっとワークができていないこと。
年齢も上がっていますので、追いつかないことは、頭ではわかっていてもなかなか認識できないもので。

そこで、練習前の少しの時間でフットワークをするようにしています。
最近は、スキップステップが多いようで、思い切り幅の広いクロスステップも無いように思います。
参考は、やはり桃田選手でしょう。
いろいろビデオを見て研究しましょう。

動き初めにちょっとスキップして、一歩、二歩目には打点の下へ。
スライドステップが多いですし。

前傾姿勢も重要ですね。


ということで、これらのことを、今年は注目してやっていきたいと思います。
もちろんストロークもいろいろ練習していかないといけませんね。

では、1年間頑張りましょう!

2018/10/27

ん?

本文書き込みが、すごく面倒なんだけど。
どうした?
前のほうがよかったなぁ。

新しいラケット「Astrox55」を購入した。超軽~い

久しぶりに新しいラケットを購入しました。

いろいろ迷いましたが、新しいシリーズのAstroxを選びました。
シリーズ的には、大きく分けてAstroxアストロクス、Duoraデュオラ、Voltricボルトリック、Nanorayナノレイがあります。

種類が多いナノレイは力を入れている証ではないでしょうか。
なので、このシリーズが一番確実でしょうね。

個人的に売れなさそうなのはデュオラでしょうか。
フォアとバックの面が決まっている(フレーム形状が)違うというのはとても使いにくいと思います。実際には絶対試合中に握り替えますから、グリップの感触だけで面を知ることは不可能でしょう。
試合中に面を見ていちいち確認するわけにもいきませんからね。

と言いつつ、かみさんはこれを購入しましたけどね。
反発はいいので面を気にしなければ問題はありません。


それで購入したのはAstrox55。
シャフトがしなって飛びがよくなることとラケットバランスがいいかなということ。中級向け軽量ラケットということです。5U(78g)と軽量です。

実際に使ってみると、軽い軽い。

スマッシュなどのふり抜きはすごくいいです。
オーバーヘッドのスイングは飛びますし問題ないのですが、アンダーからのレシーブはいまいち飛びません。
ダブルスでラケットを上にしてシャトルを処理する分にはいいかと思います。

重量バランスはイーブン(ヘッド、グリップへ分散配置)です。
そうそう、ガットは20ポンドで張りました。Nanogy98です。
これも飛びを優先して細ゲージを使用しています。

年を取るとなかなか飛ばなくなりますからねぇ。
シャフトのしなりも利用できていいと思います。





こちらはDuoraです。



«ラケットヘッドはグリップより上に

--

Add




最近のトラックバック

無料ブログはココログ