2018/09/17

サイドへの移動は一歩

桃田選手優勝おめでとうございます。
あのレシーブ範囲が広いのにはびっくりしますね。
ちょっと当てる感じでネットに吸い込まれます。
それもぎりぎりだし、プッシュも難しい。

その時のフットワークですが、シャトルの方向の足を一歩から半歩出してラケットに充てる。
手首で返すというより腕全体で置きに行く感じにしてスピードを殺す。

一歩というのはなかなか難しいですが、動作を考えると、
まず、軽く(気持ち)沈み込んでその反動で移動する方向と反対の足でけって移動すると素早く移動できます。

距離が足りない場合は足をクロスしないサイドステップでちょこちょこと移動します。
この時あまり体がぶれないよう体幹は鍛えておきましょう。

ダブルスでもこの”ちょい沈み込み”は動作の初期には重要です。

試してみてはいかがでしょうか。



 

2018/09/11

スウィートスポットはどこ?

ラケットでシャトルを打つときに、遠くへ飛んだり、スマッシュが早くなるのはスウィートスポットにきちんと当たった場合です。

さて、そのスウィートスポットはどこでしょう。
ガットが張ってある中心でしょうか。
カタログを見ると、だいたい真ん中あたりですね。
最近のラケットは卵型ではないのでスポットエリアと呼んでいるようです。

スウィートスポットは打ったときに手に振動が来ない位置だと思います。
その位置は、実際には感覚的にはラケットの真ん中ではなく下側。
シャフトに近い側です。

実際に見ることはできないので、あくまで感覚です。
シャトルを打つときに、ちょっと下だなと思うところで打つと、
ほとんど振動を感じることなく打てると思います。この位置をぜひ覚えましょう。!

ちょっと下側で打つ!です。

2018/09/09

ガットを張るときの開始方法―最初のテンション

フローティングクランプでガットを張る際、大変なのが最初のテンション。
私は長らく4本をいっぺんに引っ張ってクランプする方法をとってましたが、最近Youtubeをいろいろ見ていたらテンションロスが少ないいい方法があったのでご紹介します。

下記の動画です。



フローティングクランプで開始します。フローティングクランプは幅の広いもののほうがテンションロスが少ないそうです。

【GOSEN/ゴーセン】バドミントン専用 ガットストッパー[AMAC40]

ガットは二本張りの場合、縦糸が5m、横糸が4mです。
あとは縦糸の最後は外側に通してから内側に戻すYONEXタイプです。
テンションは途中で10%上げているようですが(横糸も)、私は上げなくてもいいと思います。

あと、一本張りはラケットが壊れやすいそうです。
私は今まで壊れたことはありません。
テンションにもよると思います。(私は最大で24ポンドです)
何度か引いてテンションロスをとるといいと思います。
毎回手で力を加えてテンションロスをとるのも大変です。

以上、参考になれば幸いです。


2018/08/06

バドミントン世界選手権、男子シングル、女子ダブルス優勝おめでとう!

中国で開催されている世界大会で、男子シングルスと女子ダブルスで優勝しました。
すごいですね。
男子ダブルス、女子シングルスも凄かったです。

日本は本当に強くなりました。
毎大会、役者が違いますから、選手層が厚いです。

攻め方も参考になります。
いろんな大会、上手い人の試合運びを見て勉強しましょう!

2018/05/29

トマス・ユーバ杯でのショット

トマス杯・ユーバ杯が終わりましたね。
日本は女子が優勝、男子が準優勝と活躍しました。

ほんとに日本は強くなりましたね。
女子シングルはラリーが続いて、ほんとのたいへんそうです。

中でも私が注目したいのは、桃田選手です。

流れるようなフットワークで、ばたばた感が全くない。
焦って動いている感が全く見られないのはすごいです。

そして、ヘアピンやロブ、レシーブでは、手首を使うというよりは、ホールディング気味に、腕全体でラケットに乗せるようにしておいている感じに打っています。
全く力が入っていない様子で。柔らかく。

この辺はマネしたいですねぇ。

こういう試合を見るといろんなことが勉強できます。

ぜひ、自分のタイプにあった戦略、ストロークを見つけましょう。

おめでとう!



2017/10/10

ダブルスは前衛がカギ、ダイハツ・ヨネックスジャパンオープンのダブルス

先日終了しました、ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017。
ダブルス、シングルスとも日本人の活躍が目立ちましたね。

ダブルスは、前衛が制すというくらい、前衛の動きがカギになります。特に今回の結晶ではそれが目立ちました。
男子ダブルス決勝のインドネシア、とにかく前に出るのが早い。

女子ダブルスの松友選手も早いですが、男子は群を抜いていました。
解説の方も舌を巻いていました。

おそらく読みがいいのでしょう。
スタート、瞬発力もいいです。

日本のペアはどうしていいかわからない様子でした。
スーッと前に出てくる感じです。

フェイントもラケットワークも素晴らしい。あっち向いてポイもありましたし。
視線とコースが違うんです。

サービスレシーブで打つ瞬間にラケット面をかえる場面もありました。
とにかくすごい試合でした。

勉強になります。

練習のときとかいろいろまねてみるのもいいですね。
意識してやらないことにはできませんからね。

«クリアは垂直に落とす

--

Add




最近のトラックバック

無料ブログはココログ